青魚は肥満防止に効果あり!新たな痩せるメカニズムが判明! 京都大学院教授の最新研究発表

Text by

  • 1
Shutterstock

Shutterstock

体にいいといわれる青魚だが、肥満防止にも効果があることが新たな研究で判明した

中年太りという言葉もあるとおり、年齢とともに太りやすくなるといわれているが、EPA-PR事務局が全国の30〜65歳の男女600人を対象に行なった「肥満と体質に関する調査」によれば、約6割の人が自分は太りやすい体質だと考えており、太りやすくなった年齢は平均30歳としている。また、ダイエットを失敗したことのある人も65.7%に及ぶ。太りやすくなったり、ダイエットに失敗する理由の一つとして、褐色脂肪細胞という、細胞を燃焼させる働きがある細胞が年齢とともに減少することが指摘されている。

青魚に含まれるEPAはやせる健康ホルモンGLP-1の分泌を促進するということで話題になったが、今回新たにEPAの摂取によって褐色脂肪細胞を増産させ、痩せやすくすることが判明したという。

2013年9月7日に開催された日本脂質栄養学会第22回大会で、京都大学大学院の河田照雄教授が「肥満と脂肪・エネルギー代謝に関する食品機能学的研究」として新たな研究成果を発表している。

同教授の研究によれば、EPA含有魚油をマウスに投与したところ、体重増加および体脂肪蓄積が抑制されることが判明したという。また、動物の体内に存在する脂肪細胞には、脂肪酸を分解する褐色脂肪細胞と、中性脂肪を蓄積する白色脂肪細胞(WAT)とがあるが、EPA含有魚油投与したマウスには褐色脂肪細胞だけでなく、WATにおいても、エネルギーを放散するタンパク質(UCP1)の発現量が増加することが新たに確認されたという。今後、こうした食品成分が利用されれば、肥満症の予防や改善に効果が期待できる。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking