【読書の秋】「1か月に1冊以上読んでる」約5割!10代は読書量増加…読書離れはどこで起きてる?打開の鍵はスマホ!?

Text by

  • 11
books-22833_1280a

読書の秋とよばれる季節。ライフメディアのリサーチバンクによると、月に1冊以上本を読んでいる人の割合は46%だそうだ。これは10~60代の男女1200人を対象に2013年10月18~23日、読書に関する調査を実施したもので、雑誌、マンガ、電子書籍は除く。週に1冊以上読む人は18.6%と2割近く、読書離れが指摘される昨今だが意外と読書する人は多いといえそうだ。

全国学校図書館協議会が毎年、毎日新聞社と共同で行っている読書調査では5月1か月間の平均読書冊数は2013年は小学生10.1冊、中学生4.1冊、高校生1.7冊となっている。いずれも10年前の2003年の小学生8.0冊、中学生2.8冊、高校生1.3冊を上回る数値だ。もっともこれは読書好きの児童生徒が多いというよりも、教育現場で行われてきた読書指導の賜物といえるかもしれない。

児童生徒が含まれる10代は読書離れとはいえないようだが、では、読書離れといわれる現象は20代以上で起きているということなのだろうか。

これを検証できるデータはないか調べてみたところ、2012年7月にJAグループの家の光協会が行なった全国農村読書調査がみつかった。以下の2つのグラフを見ると、確かに書籍読書率は低下しており、世代ごとに見ると10代の読書量がもっとも多く、30代以降は10代の半分近い読書数という結果となっている。

一般社団法人 家の光協会

一般社団法人 家の光協会

家の光協会の2003年の調査では10代47%、20代45%、30代41%、40代38%、50代27%、60代18%で、20~40代が減少していることになる。少なくともこのデータからは読書離れは20~40代で起きている現象といえそうだ。

最初にご紹介したライフメディアのリサーチバンクの調査では最近1年間に電子書籍を利用した人の割合は20.8%で、49.0%がスマートフォンでの利用となっている。スマホの普及は社会人の読書離れに歯止めをかけることができるのか、注目したいところだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking