【世界初】30代男性に発生するニオイは加齢臭ではなかった!?マンダムがそのメカニズムを解明、“ミドル脂臭”と命名!

Text by

  • 41
Shutterstock

Shutterstock

男性化粧品メーカーのマンダムが30~40代の男性特有の体臭の原因を突き止めたと11月18日、発表した。独自の解析手法により、世界で初めてそのメカニズムを明らかにした。

年とともに発生する加齢臭があることは知られているが、加齢臭の原因はノネナールという成分で、これは50歳代以降に発生する。しかし、男性の体臭に関する意識調査では、5人に1人が30歳代までに体臭の変化を感じているという。加齢臭とは異なるニオイ成分がミドル男性にはあるのではないかと着目し研究をした結果、加齢臭の発生源である耳の後ろではなく、頭部に強い脂のようなニオイがあることが判明。ニオイ成分を解析したところ、ジアセチルという成分と特定したという。ジアセチルは20~40歳で年齢とともに増加する傾向があるため、意識調査の結果とも一致した。

マンダムではこのジアセチルに起因するミドル男性特有の脂臭をミドル脂臭(みどるししゅう)と命名、ミドル男性の主要な体臭と位置付けた。

この成分は使い古しの油のようなニオイで、口臭や足臭よりもにおいやすく、加齢臭よりも空気中に広がりやすい特徴を持つ。また、後頭部から首の後ろ周辺に発生するため、自分で気づきにくい

この原因成分ジアセチルの抑制にはフラボノイドを含む植物エキスが有効だという。また、ミドル脂臭を防ぐためには生活習慣の改善と、毎日の入浴での洗髪の2度洗いや、頭頂部から後頭部、首の後ろをていねいに洗うことを同社は推奨している。

今回の研究成果は同社発売のミドル男性向けデオドラント剤などに応用される予定だ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking