こわいよwキングジムが発表した「壁ドン自撮り棒」にネット困惑

Text by

  • 1
kabedon

株式会社キングジム(@kingjim)は11月2日より「#7つのボツと1つのリアルキャンペーン」を実施している。

8つの商品アイデアの中から、本当に商品化されるものを予想してSNS上で答えるという企画だ。

壁ドンされた自分を撮れる

8つの商品の中には「折りたたみ傘の傘立て」「机の上の掃除箱」など、便利な実用製品もある中で異彩を放っているのが「壁ドン自撮り棒」だ。

男性に壁ドンされているように見せる画像をシチュエーションを撮影するための道具ということだが、男性の腕の模型が目立つのと、これ以外に使い道が考えられるものでもないシロモノということで、ネット上の反響がこの商品に集中している。

  • この世の闇を凝縮したような商品
  • ネタとして面白い
  • 顔の横をパンチで穴開けられてるバージョンもあったら面白い
  • 使った後、部屋のどこに置くんだ
  • ホラーすぎる
  • これは悲しすぎるだろ…

ほかにも7つのアイテムがあるが、どれも負けず劣らず個性的。この中から、本当に商品化されるアイテムがあるということだ。

応募はツイッターのアカウントかフェイスブックのアカウントがあれば応募でき、抽選で30名にキングジムの商品詰め合わせが当たるという。

気軽に応募してみてはどうだろう。他の7点の商品はこちら。

スマホ液晶保護シート「メクレール」

Twitter/@kingjim

時計付きメモ「トキメモ」

Twitter/@kingjim

熱気球型メッセンジャー「トドケール」

Twitter/@kingjim

「折りたたみ傘のカサ立て」

Twitter/@kingjim

「机の上の掃除箱」

Twitter/@kingjim

Twitter/@kingjim

アップリケ製作機「アプラ」

Twitter/@kingjim

Twitter/@kingjim

超極小ノート「CHOT NOTE」

Twitter/@kingjim

Twitter/@kingjim

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking