運転前には「猫バンバン」でエンジンルームに入る猫に注意しよう

Text by

  • 0
shutterstock

shutterstock

猫が車に入り込む事故を防ぐ呼びかけが話題になっている。

乗車前に「猫バンバン」しよう

注意を呼びかけているのは「JAF(日本自動車連盟)」や「日産自動車」等のTwitterアカウントだ。

冬が近づくと、寒さに弱い猫は駐車している車のエンジンルームに入りこんでしまうことがある。

猫に気付かず車を動かしてしまうと、猫はどうなってしまうか…想像に苦しくない。

そこで、運転前に車のボンネットを開けたり、車体を叩いたりして、猫に気付いてもらおうという呼びかけを行っている。

猫がいないか確かめるために車を叩くことを「猫バンバン」と表現して話題となった。

非営利団体Paws in Clover, Kochi(パウズ イン クローバー,コウチ。以下Clover)も、「どうぶつの命を守ろう!『ボンネットコンコン』キャンペーン」を展開している。

Paws in Clover, Kochi

Paws in Clover, Kochi

車に猫よけ対策をするのも有効

車に猫が近づかないよう、猫よけ対策に使うアイテムを用意しておく人もいるようだ。

ネットで猫よけ対策として検索すると「100均やホームセンターで売っている猫よけマットを使う」「車に防虫ネットをかけて入り込みを防止する」など、様々な方法が公開されている。

寒い季節はどんな車にも起こりうることだ。運転前の習慣として、エンジンをかける前に「猫バンバン」をするなどして、猫の安全も守りたい。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking