「ファミマの入店音」をクラシック音楽にした動画が60万再生!演奏した人たちに話を聞いてきた

Text by

  • 0
megane_eye

電車の発車メロディなどといった、身近な音楽はアレンジすると驚くほど印象が変わる。

たびたびアレンジした演奏の動画がアップされているが、今回はかなりの強者が現れた。

入店メロディをクラシックに

ファミリーマートの入店時に流れるメロディをクラシック音楽にアレンジし、フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ピアノの五重奏で演奏するという大技をこなす人たちが現れたのだ。

ニコニコ動画にアップされた動画は、2月6日現在で再生回数17万回を越えた。タイトルは『【ファミマ入店音】ファミマの主題による変奏曲【ピアノ五重奏】』。

ニコニコ動画のタグには「ソナタとコンビニ」「ロイヤルファミリーマート」「ファミリーマート皇居店」などといったタグがつけられ、絶賛された。

現在はYoutubeにもアップされている。

メンバーは全員メガネ

奏者は「Ensemble Mega Ne」(アンサンブル・メガネ)と名乗る、全員メガネをかけた五重奏団の人たち。一体何者なのかコンタクトを取ってみた。

4月に渋谷で演奏会が開かれるということで真っ先にフライヤーをもらったが、プロフィールを見ると全員、音楽大学・大学院の出身。

普段からオーケストラや室内楽などで演奏活動をしているという。予想していたが、やはりプロの犯行だった。

対応してくれたのは、メンバーの1人でクラリネットを担当する法正(ほうしょう)茉莉香さん。

――「アンサンブルメガネ」という名前はやっぱり全員メガネだからですか?

全員メガネだからという理由です。

グループ名をつけるセンスがある人も、グループ名にこだわる人も誰もいませんでした。

――そうなんですね(笑)。アンサンブルはどんなきっかけで結成されたのですか?

学生時代に、とあるオーケストラで共演したメンバーが集まって結成されました。

クラリネットが最初に「遊びましょ」と言い出したのがきっかけで、グループ名は最初「遊びましょ」でした(笑)。

――ファミマの入店音で遊んでしまったんですね。

普段、クラシックを聴かない、馴染みがないという人にも楽しんでもらえると思ったからです。

動画のコメントにも「クラシックに興味を持った」という感想を書いてくださった方がいらして、とてもとても嬉しく思いました。

――本当にメンバー全員がメガネですね。

megane4

ピアノの勝手なアドリブが楽しい

「ファミマの主題による変奏曲【ピアノ五重奏】」は22分28秒と長く、21種類のアレンジを演奏しているが、演奏時はピアノのアドリブで行われたという。

――アドリブで演奏されたとのことですが!(驚きをこめて)

通奏低音やポップスなど、即興的に演奏されるべき部分においてはピアノが勝手にやってます。

なので演奏会の度に、練習の度に少しずつ聴こえる音が違う楽しさが演奏してる側にもあります。

※通奏低音……17~18世紀中頃、バッハやヴィバルディなどがヨーロッパ音楽を生みだした時代の演奏法。チェンバロなどが即興的に和音を付けて伴奏部を弾く。

――アレンジもピアノの方がやってらっしゃるとか。

全てピアノが担当しています。ピアノ以外に作曲をしようとするメンバーがいません(笑)

――そうなんですね…(笑)これからまた動画をアップするご予定は?

Ensemble Mega Neのオリジナル曲をアップしました!

ファミマ変奏曲の動画内でのいろいろなコメントもありがたく拝見させていただいており、ピアノは次なる「ファミマ」への制作にも意欲を燃やしております(笑)。

――今後の演奏活動は?

常識にとらわれず、クラシックを題材とした様々なことにチャレンジしていきたいです。

思いっきりふざけるためにはやはり技術と知識が必要ですので、これからもっと勉強を重ね、成長していきたいと考えております。

私たちの作品でクラシックに興味を持つ人が増え、他の素晴らしい演奏会にも足を運んでもらいたい、日本の中でのクラシックがもっと敷居が低く、面白いものとして認知されて欲しい、というのが一番の野望です!

また、たくさんの方からCDや楽譜が欲しいとの声もいただきました。こちらの技術が伴い次第、お応えしていければと考えています。

――ありがとうございました。

2016年4月26日(火)、渋谷にて演奏会が開催される。朗読つきでの楽しい公演とのことなので、どんな演奏が繰り広げられるのか気になる人は足を運んでみては。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking