“便所サンダル”にハマった男が作った『ベンサン専門店』がアツイ

Text by

  • 5
ベンサン.JP

ベンサン.JP

「便所サンダル」とは、ホテルや旅館、学校のトイレ、病院などで利用されているゴム製のサンダルだ。見れば「あ、あれか」と気付く人もいるはず。

ベンサン.JP

ベンサン.JP

性質上、水濡れしやすい場所でもすべりにくく、丸洗いができるなどの利点からゴムサンダルが利用されているのは言うまでもない。

この「便所サンダル(以下、ベンサン)」には専門店が存在する。便所サンダル専門通販「ベンサン.JP」だ。

便所サンダルのみを扱う

ベンサン.JP」には、国内のベンサンメーカーの商品が一通りずらりと揃っている。

2016-03-15_11h21_43

ベンサン.JP

トップページを見ていると、素人には見慣れない用語が登場するが、

  • ニシベケミカル
  • 丸中工業所
  • 森川ゴム工業所

これらは国内のベンサンメーカーだ。

とりわけ、ニシベケミカルの「V.I.C」は「熱狂的ファンの多いベンサンのキング」で、有名アーティストにも愛用者がいる。

2016-03-15_12h47_26

ベンサン.JP

カスタマイズキットが注目される

トップページの中でもひときわ目に飛び込んでくる商品が「スタッズベンサン」だ。

ベンサン.JP

ベンサン.JP

ベンサンにスタッズをはめ込むというカスタマイズができるキットで、ベンサンがパンク風味になるという画期的なカスタマイズが楽しめる。

ベンサン.JP

ベンサン.JP

運営者で、ベンサンコンシェルジュを名乗る店長の飯田さんに、「ベンサン.JP」を立ち上げた経緯やベンサンへの想いを聞いた。

2016-03-15_12h03_55

店長の飯田さん

Made in Japanを探し求めて

――なぜ数あるサンダルの中からベンサンにハマったのですか。

飯田さん:以前は「ギョサン」というサンダルばかり履いていたのですが、東京に雪が降った日にギョサンで外に出たらえらい足が冷たくて。

トングサンダル(鼻緒型のサンダル)なんで、裸足じゃないと履けないんですよね。でも、ベンサンだったら靴下履けるしいいかな、と。

※ちなみに「ギョサン」は「漁業サンダル」の略らしい。漁業従事者がよく愛用しているようだ。

2016-03-15_12h19_45

ベンサン.JP

――それはそうですよね。

飯田さん:そこで、メーカーカタログとかを調べてみたら、ベンサンはギョサンと違って型の種類がたくさんあって、「よし!ちょっとずつ揃えよう!」と思って街に買いに出てみたら、どこを探してもどこにも売っていない。

――ホームセンターや通販サイトにはなかった?

飯田さん:ホームセンターには中国製のサンダルなら山程おいてありますが、私の探してたベンサンは、あくまで「Made In Japan」のものなんです。

中国製は通年使用に耐えられないものが多く、デザインも日本製品の模倣ばかりなんですが、国産品は履き心地も良くて、ベランダ用などに使う分には、5年10年耐えられます。

そんな中、何年も前に製造中止になった『廃番品』のレアなサンダルが近所の古い履物屋にひょっこり売ってまして、喜び勇んで即ゲットしました。

そこからですね、ドハマリしてコレクターになったのは。

2016-03-15_12h14_34

ベンサン.JP

――以前はどんなお仕事を?

飯田さん:ソフトハウスの法人営業として10年ほど勤めていたんですが、事情あって35歳の時に退職しまして。

特にアテもなく退職しましたので、なんかやらなきゃいけなくて。 通販をやりたかったのですが。

でも当時はお金もないしスキルもなかったので、集客の練習がてら、アフィリエイトで独立しました。

その流れでWebサイト製作や集客コンサルなんかをやっていたのですが、2007年に、当時ハマっていたギョサンを販売するために友人と「ぎょさんネット」という専門通販を立ち上げました。

その後私のほうは「ベンサン.JP」を立ち上げて、今に至ります。

2016-03-15_12h24_44

ベンサン.JP

――ベンサン.JPを立ち上げる決心をしたのは?

飯田さん:ベンサンを本気で集めようと思ったら、街に売っているサンダルを探しているだけではほぼ不可能で、もう問屋さんからケースで買ったりメーカーに直接発注して作ってもらわないとダメだというのがわかったからです。(笑)

2016-03-15_12h16_25

ベンサン.JP

――カスタマイズキットは飯田さんのアイデアですか?

飯田さん:最初に作ったの私じゃないんですよね。

私の友達が「いいこと思いついたからベンサン一足貸してくれ」と言ってきまして。 出来上がってきたのはスタッズベンサンでした(笑)。

ベンサン.JP

ベンサン.JP

――完成品でなくカスタマイズキットを販売されているのは?

飯田さん:カスタマイズキットは私が一人でしこしこと1つずつ作ってます。

こちらで完成品を作ってしまうと価格も跳ね上がってしまうので完成品の販売はしていません。

2016-03-15_12h26_18

ベンサン.JP

アーティストのツイートで大量に発注が

ベンサンを愛用している芸能人は意外にも存在する。

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さん、マキシマム ザ ホルモンのマキシマムザ亮君だ。

マキシマムザ亮君が「葬式用の黒のベンサンを注文しようとしたら80足から(注文可能)だった」(単品では購入出来なかった)とツイートした時、ファンが一斉に探し出し、4人が新品のサンダルをプレゼントしたという出来事も起きている。

この時、飯田さんも一足マキシマムザ亮君にプレゼントした。

飯田さん:ハッキリ覚えているエポックメイキングな出来事です。黒のダンヒルをメーカーの倉庫からひっぱり出せた時は嬉しかったなぁ。

亮君がそれを履いてツイートしてくれた時は、夢のようでした。

その後、発送が地獄のように大量にありましたが…。

2016-03-15_12h31_13

ベンサン.JP

――「ベンサン.JP」にはテーマソングがあるようですが、作詞作曲は?

飯田さん:あー、作詞作曲は私といえば私なんですが、あれ、カッパ寿司のCMソングにインスパイアされてというかリスペクトしていうか、コード進行は丸パクリなんで…。

それをふざけてMIDIで作ったやつをYoutubeにアップしておいたら、それを見つけた友人が、2人がかりで勝手に歌と演奏をつけてくれました。

――なるほど。ありがとうございました。

ベンサン.JPでは、男性用はもちろん、女性用、子ども用も用意されている。

眺めていると、ベンサンとはこんなにも色、サイズのバリエーションが豊富だということに気付かされた。

普通のサンダルでは物足りないと感じてきたら、この夏はベンサンにトライしてみてはどうだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking