シェア

ハーバード大の教授らが「子どもから大人までプログラミングが学べるロボット」を開発中、2017年に発売予定

http://www.codewithroot.com/

http://www.codewithroot.com/

アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、プログラムコードを教える「ロボット」、製品名“Root”が出品されています。

プログラミングを学ぶには様々な方法がありますが、“Root”は「4歳から99歳までがプログラミング言語を学べるロボット」。幅広い年齢層の人間が学べるように開発されました。

開発者は左からハーバード大学教授のラディカ・ナグパルさん、ジブ・ディブロフスキーさん、ラファエル・チャーニーさんのさんの3人。ディブロフスキーさんの前職はお掃除ロボットを開発・販売しているiRobot社です。

https://www.kickstarter.com/projects/1509453982/

https://www.kickstarter.com/projects/1509453982/

“Root”がお掃除ロボットに似ているのはそのためでしょうか。

タップするだけでプログラムが完成

“Root”は主にiPadにインストールした専用アプリで操作します。実際に子どもが“Root”をどう使っているかを見てみましょう。まずは紙やホワイトボードに道筋を書いておきます。

http://www.codewithroot.com/

http://www.codewithroot.com/

iPadで“Root”のアプリを起動し、“Root”にどう動いて欲しいかの指示を入力します。

https://www.kickstarter.com/projects/1509453982/

https://www.kickstarter.com/projects/1509453982/

“Root”への指示は画面上に表示されたボタンをタップしていくだけ。ボタン上には“Root”がどう動くかがイラストで描かれているので、英語がわからなくても大丈夫です。

例えば、“Root”を道に沿って動かしたり、ドット(点)を避けたり、もう一台の“Root”を追いかける、色に合わせて音楽を演奏することができ、組み合わせ次第でゲームにすることも可能です。

https://www.kickstarter.com/projects/1509453982

https://www.kickstarter.com/projects/1509453982

https://www.kickstarter.com/projects/1509453982

https://www.kickstarter.com/projects/1509453982

実はこの段階で、イベント、シーケンス、ループやデバッグなどを体感的に学ぶことになります。

徐々にコードを書けるようになる

Level2では、ExcelVBAなどで使用される構文“If-Then-else”や“when”“repeat”などをマスターします。これらもLevel1の段階で作ったプログラムがワンタッチでコードに変換されます。

https://www.kickstarter.com/projects/1509453982

https://www.kickstarter.com/projects/1509453982

Level3ではいよいよ本格的なプログラミング言語を学びます。Python、Javascript、Swiftなど、よく使用されている言語をテキストで書いていきます。Level1、Level2で作成したプログラム内容と等しいコードを表示し、さらに高度なプログラムを作ることができます。

https://www.kickstarter.com/projects/1509453982

https://www.kickstarter.com/projects/1509453982

小さな子どもでもプログラミングを学べ、最終的にSwiftをマスターすればiOSに対応したアプリを作れるプログラマーの誕生です。

約2万円程度で購入できる

“Root”の重量は500グラム程度、リチウムイオンバッテリーで動作し、Bluetoothに対応しています。

https://www.kickstarter.com/projects/1509453982

https://www.kickstarter.com/projects/1509453982

Kickstarterの目標額は25万ドル(約2600万円)。11月10日時点では約129万ドルに達しています。10ドルから入札できますが、“Root”本体は155ドル(約1万6000円)から手に入れられます。

配送は2017年の5月以降から、海外配送にも対応しているので日本でも購入可能です。

日本でも小学校でプログラミング教育を行う案が議論されていますが、誰がどうやって教えるのかが大きな問題点のひとつになっています。

こんなロボットがあれば、学校はもちろん、家族で遊びながらプログラミングをマスターできそうですね。

こちらの動画で“Root”が実際にどう動くのかを見ることができます。

 

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking