シェア

テプラで描いたモナリザや写楽!?「キングジムフェア」の展示作品が驚きのアート

Twitter/@kingjim

Twitter/@kingjim

2016年12月10日・11日に東京・秋葉原のベルサール秋葉原で「キングジムフェア」が開催されています。キングジムグループの人気商品を展示するイベントということですが、驚きのアイテムが展示されていると話題です。

Twitter/@kingjim

Twitter/@kingjim

Twitter/@kingjim

Twitter/@kingjim

キングジムの製品と言われて思い出すもののひとつにラベルライターの「テプラ」があるのではないでしょうか。ファイルの見出しや小物の名前、注意表示など使いみちはいろいろで、どこのオフィスでも必ず1つはあるのでは。

そのテプラで、鳥獣戯画やモナリザを描いた作品が展示されています。

Twitter/@kingjim

Twitter/@kingjim

Twitter/@kingjim

Twitter/@kingjim

他にも、湖池屋のキャンペーンで制作した、ポテトチップスの袋が入るファイルや、映画『シン・ゴジラ』の小道具として使用されていたものと同型のファイルも。

背見出しにきちんと「巨大不明生物対策本部」と記載されていました。

Twitter/@kingjim

Twitter/@kingjim

Twitter/@kingjim

Twitter/@kingjim

各種文具品のセールも実施されているとのことなので、秋葉原に行く方は立ち寄ってみては。フェアが終わった後も何かの機会に実物を見る機会が作られることも期待したいですね。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking