シェア

エアロバイクで川下り?セーヌ川に浮かぶスポーツジムが楽しそう

Carlo Ratti Associati

Carlo Ratti Associati

イタリアのデザイナー、カルロ・ラッティ氏がフィットネス機器メーカーのTechnogymなどと共同で“ナビゲートジム”のアイデアを発表しました。

“ナビゲートジム”はセーヌ川を下る屋根付きのボートで、1台あたり20メートル。45人まで乗ることができます。中では人々がフィットネスジム定番のマシン、エアロバイクを利用しています。

Carlo Ratti Associati

Carlo Ratti Associati

利用者は窓からセーヌ川の風景を眺めながらエアロバイクに励むことができるというわけで、とても気持ちよさそうですが、このボートは人力でないと動きません。

エアロバイクを漕ぐことで電力が発生し、ボートが航行するという仕組みになっているのです。

エアロバイクを漕がないと進まないボート

Carlo Ratti Associati

Carlo Ratti Associati

“ナビゲートジム”は、エアロバイクでエクササイズすると、ボートに電力が供給される仕組みになっており、リアルタイムでエクササイズによって供給されるエネルギーをボートの動力として利用します。

また、ボート内にあるスクリーンに、セーヌ川の環境条件やエネルギー量などのデータをエクササイズしながら確認することができるようになっています。

さらに、夜にはボート内でパーティーに使うことも想定しているとのこと。

のんびりと川を見ながら……というよりは漕がなければボートが動かないというプレッシャーで、これならダイエット・エクササイズもはかどりそう。日本でも大きな川で実現されたら面白いかもしれませんね。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking