引退会見後の宮崎駿監督はチャンバラ漫画執筆に没頭、早く公開しませんかね!?

Text by

  • 0
スタジオジブリ公式サイト

スタジオジブリ公式サイト

宮崎駿監督(72)の近況が2日、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(65)の口から語られた。

同プロデューサーは宮崎監督の「もののけ姫」ブルーレイ発売記念スペシャルイベントに出席。引退会見後の宮崎監督が「ある模型雑誌のために黙々と緻密なチャンバラ漫画の原稿を描いている」ことを明かした。鈴木氏は公開中の高畑勲監督の映画「かぐや姫の物語」を見て刺激を受けたと推測している。「かぐや姫」初号試写後「ジブリの作品でも群を抜いて感動度が高く、スタッフでも泣いている者が多かったんです」と説明。「宮さんは難しい顔して出てきて、(日本テレビの)奥田さんを見つけて『なんだよ奥田さん、目を真っ赤にして。この映画で泣くのは素人だよ』って言ったんです。僕は付き合いが長いけど、この発言は意味が分かんない。その後、1度もこの作品について述べません」と語った。どうやら宮崎監督のライバル意識がくすぐられたことだけは確からしい。

宮崎監督が執筆中の漫画の公開予定は不明。短編アニメで公開、なんてサプライズはないかしらん。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking