7月開始の井浦新の初主演ドラマは、柴門ふみ氏の同名漫画が原作

Text by

  • 0
「同窓生 人は、三度、恋をする」公式サイト

「同窓生 人は、三度、恋をする」公式サイト

俳優の井浦新(39)の初主演ドラマ「同窓生 人は、三度、恋をする」が7月からTBSで始まる。

恋愛漫画の教祖、柴門ふみ氏の原作

漫画家の柴門ふみ氏の同名漫画が原作。中学卒業以来初めて開かれた同窓会で、25年ぶりに再会した40歳男女のリアルで切ないラブストーリーを描く。大手企業を辞め、離婚し、実家のクリーニング店を継いだ主人公、健太(井浦)は、同窓会で元カノジョのあけひ(稲森いずみ)と再会、燃え上がるー。

元カノジョ役に稲森いずみ

柴門氏は「中学時代に恋心を抱いた相手と、20年ぶりに同窓会で再会したとしたら?仕事や家庭で疲れているけれど、できるならもう一度夢を見たいと考えているアラフォー男女のストーリーを描きたいと思いました。主要登場人物は、それぞれ人生に躓き重荷も抱えています。けれど、前向きな人生を取り戻したいと誠実に考えているいい奴らです。彼らの物語がどのようなテレビドラマになるのか、今からとても楽しみにしております」とコメントを発表。

初主演ドラマに意気込む井浦

井浦も「見る人の感情に何らかの傷を残せるようなお芝居をして、見ていただく方たちの心に引っかき傷を作っていけるような作品にしていきたい」と意気込んでいる。同級生役で板谷由夏(39)、松岡昌宏(37)らが出演。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking