横浜スタジアム公演で、氷室京介が両耳不調で卒業宣言したことを説明

Text by

  • 0
氷室京介オフィシャルサイト

氷室京介オフィシャルサイト

ロック歌手の氷室京介(53)が19日、横浜スタジアムで「25th Anniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY -NAKED- FINAL DESTINATION」公演を開催。

右耳不調に加え、左耳も

13日の山口・周南市でのコンサート中に行った電撃引退宣言の説明をした。氷室によると、7年前から右耳の調子が悪くなり、利き耳の左耳でライブを乗り切ってきたこと、今年2月から始めた全国ツアーのリハーサルで左耳のあるトーンだけ聞こえなくなったことを告白。「人に寿命があるように、ミュージシャンとして、俺の寿命なのかもしれない」と考え、「氷室京介を卒業する」と宣言したことを明かした。

ライブでの完全燃焼を宣言

今後については「友達とプロジェクトを立ち上げていて、迷惑かけないようにやる」という。「俺は俺なりに自分のプライドがあって、それはダウンしても必ず立つこと。ダウンしても立ち上がれれば、”無様”が”生き様”になる」とし、「長い間こうして支えてくれて、氷室京介はお前らが作ってくれた存在。お前らが作った氷室京介。きょうとあしたでお返しする」とライブでの完全燃焼を宣言した。きょう20日の同所公演でツアーのラストを飾る。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking