ビートたけしがきよしと即興漫才を披露、さびつきなしの名人芸に大爆笑

Text by

  • 0
ビートたけし公式サイト

ビートたけし公式サイト

タレントのビートたけし(67)が22日、東京・国立演芸場で行われた「平成26年度 漫才新人大賞」にスペシャルプレゼンターとして登場した。

よみがえったツービート

同賞の審査員を務めた相方のビートきよし(64)と授賞式で即興漫才を披露、往年の名コンビ”ツービート”がよみがえった。たけしは「楽屋でずっと若手漫才師の漫才見てて、出てきたくなった」と話し、「相棒(きよし)の姿見てやめようかと思った」と笑わせ、さらに「お前は30年間芸風が変わってないじゃないか」と毒舌を振りまいた。「萩本欽一さんとかコント55号がスタイルを変えてくれて、漫才師がバラエティーの司会をできるようになった」と先輩の偉業をたたえたたけしに、きよしが「いやいや、殿のおかげだよ」と持ち上げると、「お金は貸さないよ」と断って、大爆笑させた。

紺野あさ美アナが公の場で元気振りまく

優勝したのは、母心。司会はナイツとテレビ東京の紺野あさ美アナウンサー(27)が務めた。体調不良による休養から復帰して初めて公の場に現れた紺野アナは元気そうで、モー娘。時代の先輩の後藤真希(28)の結婚の話題を振られると、笑顔で祝福していた。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking