「シルシルミシルさんデー」打ち切り、くりぃむしちゅー+バナナマン+マツコで高視聴率狙う

Text by

  • 0
テレビ朝日公式サイト

テレビ朝日公式サイト

テレビ朝日の情報バラエティー番組「シルシルミシルさんデー」が9月7日放送で終了することが2日、明らかになった。

約6年間の歴史に幕を下ろす

前身番組の「シルシルミシル」は2008年10月に水曜深夜帯でスタート。企画が大当たりして、「シルシルミシルさんデー」として2010年7月にゴールデン枠に進出した。

だが、最近では企画も出尽くし、日本テレビの強力布陣に思うように視聴率が上がらないでいた。今秋、約6年間にわたる番組の歴史に幕を下ろして、テレビ朝日は勝負を賭ける。

新番組は「びっくりぃむ」

後番組は今年5月と8月に特番で放送されたドッキリ企画をレギュラー化する。「びっくりぃむ」のタイトルで、「見て、驚いて、楽しめるバラエティー」をテーマに、ドッキリやチャレンジなど幅広い”びっくり企画”を放送する。

お笑いコンビのくりぃむしちゅーが引き続き司会を担当、マツコ・デラックスとお笑いコンビのバナナマンがレギュラー出演する。

ドッキリで引っかけて笑わせる

くりぃむしちゅーの有田哲平(43)は「(新番組は)バラエティーの方向に振り切っていますので、純粋に楽しんでいただけたら。ドッキリは大好きなので仕掛けに行ったりもしたい」と意気込んでいる。

上田晋也(44)も「いろんなジャンルから素材を集め、老若男女楽しめる番組になると思う。たっぷり笑って日曜の夜にスカッとしてもらえたら」とアピールしている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking