「めざましテレビ」の生野陽子アナが、「スーパーニュース」に”移籍”

Text by

  • 0
フジテレビ公式サイト

フジテレビ公式サイト

フジテレビの生野陽子アナウンサー(30)が、夕方の報道番組「スーパーニュース」に”移籍”することが9日、分かった。

入社1年目から「めざまし」担当

生野アナは入社1年目の2007年10月、朝の情報番組「めざましテレビ」情報キャスターに抜擢された。2010年10月から同局の先輩アナで現在フリーの高島彩(35)の後を継いで、メーンキャスターを務めてきた。

29日から”夕方の顔”に

今月26日で「めざましテレビ」を卒業、同月29日からは”夕方の顔”に変身する。「スーパーニュース」アンカー役の安藤優子キャスター(55)、1年後輩の椿原慶子アナウンサ-(28)の現メーンキャスター陣に仲間入りする。

入社8年目にして報道番組初挑戦となる。生放送でニュースを読むだけでなく、椿原アナ同様取材活動も行う。

生野アナは「喜怒哀楽をお伝えし、報道キャスターとして羽ばたけるよう精いっぱい務めます」と意気込んでいる。なお「めざまし―」は引き続き加藤綾子アナ(29)がメーンキャスターを務める。

テコ入れ要員なのか?

最近、加藤・生野アナが口もきかない犬猿の仲と報じられたばかり。表向きは低視聴率番組の「スーパーニュース」テコ入れだが、本当はフリー転身が噂される加藤アナへのご機嫌取りのため、生野アナを厄介払いしたのでは。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking