“殺害予告”を半年以上も受けていると告白したふかわりょうのブログ記事が消えた

Text by

  • 0
ふかわりょうオフィシャルブログ

ふかわりょうオフィシャルブログ

タレントのふかわりょう(40)が9日、自身のブログを更新。半年以上も”殺害予告”を受けていることを告白した。

ついに告白したふかわ

「取り返しのつかないことになる前に。」と題し、詳細をつづった。「もう、半年以上前からです。ツイッターやフェイスブックで、僕にメッセージを送り続けてくる人がいます」と切り出し「概ね『殺害したいほど憎い』といったものです」と打ち明けた。

初めてではなかった脅迫

「ログインするたびに、24時間体制で送り続けてきます」というしつこさで、基本的には『殺害願望』です」と分析。ふかわにとって見知らぬ相手で、会ったこともない。そのうえこれが初めての経験ではなく、「これまでも似たような方はいたのですが、今回はさすがに度を越えている気がします」と分析。

「歪んだファン心理だから、簡単に警察や法的手段に訴えるのには抵抗があります。かといって、たとえファン心理、歪んだ愛情だとしても、それが行動に移らない保証はなく、取り返しのつかないことになってから『なんで言わなかったの!』と責められても困ります」と公表した理由を説明した。

「サイン会などファンの方と接する際は常に『この中にいるかもしれない』という警戒心が頭のどこかにありました」と常日頃から恐怖にさいなまれていることを告白。「1人のせいで、イベントやSNSを中止するべきなのでしょうか」と訴えている。

削除されたのはなぜ?

だが、ふかわのブログからこの内容はきれいさっぱり削除されている。衝撃の大きさにビビったか、事務所からの要請なのか、はたまた警察からの指示か、気になるところだ。問題発言を連発して、炎上騒ぎに何度も見舞われているふかわ、今回もこの流れなのだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking