サザンの桑田佳祐に紫綬褒章!大病も吹き飛ばすロックバカひとすじの功績が認められる

Text by

  • 0
サザンオールスターズ公式ファンクラブサイト

サザンオールスターズ公式ファンクラブサイト

政府は2日付で、2014年秋の褒章受章者734人と21団体を発表した。学問や芸術などで功績を残した人に贈られる紫綬褒章には14人が選ばれた。

「身に余る光栄」と大喜び

ロック界から極めて異例の受章となったのが「サザンオールスターズ」のリーダーでシンガー・ソングライターの桑田佳祐(58)。桑田は「このような由緒正しい章をいただきまして、身に余る光栄。私のような者が本当にいただいてしまってよいものかと、非常に驚いています」とコメント。

桑田は幼少期から歌謡曲やビートルズなど洋楽に親しみ、青学大経営学部在学中にサザンオールスターズを結成。1978年、「勝手にシンドバッド」でデビュー。

翌年、大ヒットした「いとしのエリー」で同年のNHK紅白歌合戦に初出場した。その後もヒット曲を連発。2000年発売の「TSUNAMI」は売り上げ約300万枚を記録。人気、知名度トップのバンドとして日本の音楽シーンをけん引してきた。

ますます情熱の炎をたぎらせる桑田

2010年7月には初期の食道がんを患っていることを公表したが、8月の手術を経て活動を再開、同年末のNHK紅白歌合戦で復帰を果たした。

現在は新アルバムを制作中。年末に横浜アリーナで9年ぶりの年越しライブを開催する。桑田は「これからも、みなさまに喜んでいただける音楽を創り続けていけるよう、日々励んでいく所存です」と燃えている。

紫綬褒章授賞者は女優の高畑淳子(60)、将棋棋士の谷川浩司(52)、漫画家の竹宮惠子(64)、歌舞伎俳優の中村又五郎(58)、メゾ・ソプラノ歌手の藤村実穂子(48)ら。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking