キャスターの伊藤聡子の協議離婚成立、今後は仕事ひとすじへ

Text by

  • 0
伊藤聡子オフィシャルブログ

伊藤聡子オフィシャルブログ

情報番組「ひるおび!」(TBS)の水曜コメンテーターなどでおなじみのフリーキャスターの伊藤聡子(47)が今月中旬、離婚したことが23日までに分かった。

結婚15年でピリオド

伊藤は新潟県立新潟高校の同級生だった夫と1999年元旦に結婚。前年の4月に行われた合コンで12年ぶりに再会し、意気投合、ゴールインした。結婚当時、伊藤は「彼と一緒にいると自然で正直になれる」とのろけていた。

が、当時、伊藤は「スーパーモーニング」(テレビ朝日)のメーンキャスターを務める激務の身の上。仕事と主婦の両立は難しく、多忙な日々で知られる厚生省(現厚労省)職員の夫の家事参加も無理だった。

夫は結婚翌年から米国勤務に。夫婦すれ違いの生活が続くうち、夫婦関係も冷え切ったものに。この数年は協議離婚するため、双方が代理人を立てて話し合いを続けていた。ようやく今月になって合意が成立し、離婚となった。

「サンデーモーニング」でデビューの知性派

伊藤は、大学在学中に「関口宏のサンデーモーニング」(TBS)でデビュー。「ベストタイム」(TBS)「スーパーモーニング」(テレビ朝日)などの番組キャスターとして活躍。

4年前に、事業創造大学院大学(新潟県)の客員教授に就任した知性派キャスターとして知られる。アラフィフとは思えない若々しさと聡明さを鼻にかけない控えめな美人ぶりで茶の間の主婦からの人気が高い。

結婚15年目に離婚、シングルになったことで、いっそう仕事に邁進することになりそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking