今年、最も印象に残ったのは、向井理・国仲涼子カップルだった

Text by

  • 0
ホリエージェンシー公式サイト

ホリエージェンシー公式サイト

結婚情報誌「ゼクシィ」が8日、今年結婚・婚約した「最も印象に残った有名人カップル」を発表した。

1位に選ばれたのは、結婚したい男1位に輝いたイケメン俳優の向井理(32)と女優の国仲涼子(35)が選ばれた。新婦で構成する「花嫁1000人委員会」の130人がアンケートに答えた。

それによると、向井・国仲カップルは全体の22%に当たる33票を獲得。今月28日に婚姻届を提出予定と報じられた2人には「今年1番のビッグカップル」という声が寄せられた。

2位は仲間由紀恵・田中哲司

2位(19票)には、約6年の交際を実らせて9月にゴールインした女優の仲間由紀恵と俳優の田中哲司がランクイン。3位(17票)には、11月に年内の結婚を発表した俳優の西島秀俊と一般女性のカップルがすべりこんだ。

また、「パートナーを支えている様子が最も印象的」なカップルの1位(37票)はハリウッドスターのブラッド・ピッドと女優のアンジェリーナ・ジョリー。2位(20票)には2月のソチ五輪スキージャンプで2つのメダルを獲得、レジェンドが流行語にもなった葛西紀明選手の夫妻が続いた。

関根麻里や宇多田ヒカルの名前も

他に「国境を越えて愛を育んでいるカップル」の1位にタレントの関根麻里と韓国人歌手のKが74票を獲得。2位(11票)に5月にイタリアで挙式した歌手の宇多田ヒカルとイタリア人男性が入った。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking