原告側が和解案を一蹴、土屋アンナの損害賠償訴訟が長期化へ

Text by

  • 0
土屋アンナ公式サイト

土屋アンナ公式サイト

主演舞台「誓い~奇跡のシンガー」を降板した女優で歌手の土屋アンナ(30)に約3000万円の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が15日、東京地裁で行われた。

解決金200万円で手打ちといかず

裁判所側が提示した和解案「土屋側が解決金200万円を払う」を、原告の舞台プロデューサー甲斐智陽氏(63)側が拒否した。

この日、土屋の母で事務所社長の土屋眞弓さんが初めて出廷。和解案に「原告側が原案者の人格権を無視した」「台本を見せなかった原告の責任は重い」との見解が盛り込まれたこともあり、「受け入れたい」とした。

が、甲斐氏代理人の伊藤芳朗弁護士は「この和解勧告案は、このままお受けすることはできません」と拒否した。

怒り狂う原告のプロデューサー

閉廷後、報道陣の取材に応じた甲斐氏は「冗談じゃない。こんないい加減なのか、日本の民事裁判て」と怒り心頭。

解決金200万円の和解勧告案について「こちらは何のミスもないと思っていたので、この和解案はふざけんじゃないという感じ。これでは負けたようなものだし、金じゃなく名誉の問題だ」と当り散らした。

今年3月3日に第3回口頭弁論が行われて以降、9か月ぶりの公開の法廷。土屋は仕事を理由に出廷しなかった。

次回公判で土屋出廷へ

閉廷後に土屋の母が「長期間お騒がせして申し訳なく思っております。早い解決と、ご迷惑をかけていることについて深い謝罪の気持ちがあります」と頭を下げた。

次回公判は来年1月26日。裁判の長期化に加え、土屋の出廷もありうる話となってきた。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking