「紅白」で金爆の樽美酒がサプライズで生断髪式を決行、丸刈り頭に

Text by

  • 0
樽美酒研二オフィシャルブログ

樽美酒研二オフィシャルブログ

31日の「第65回NHK紅白歌合戦」に出場したゴールデンボンバーの樽美酒研二(34)がバリカンで髪を丸刈りにされた。

「まじめにやります」と言いながら

今回で3回目の出場。これまでに同グループは下ネタ発言や、替え玉演出などサプライズを行ってきた。

メンバーの鬼龍院翔(30)は「いつ出られなくなるかビクビクしてましたが、本当に奇跡です」と紅白の舞台に立てたことを喜び、「僕らも大人になったんで、まじめにやります。めでたい、ハッピーな内容。安心してください」と宣言した。しかし司会の嵐は「言うほど心配になります」と怪訝な表情で応対。

「羊の毛刈り」専門家が丸刈りに

3年連続の曲「女々しくて」が始まると、スクリーンに2015年の干支「羊」の群れとパンツ一丁の樽美酒が走るシーンが映し出された後、サプライズが起きた。

樽美酒が舞台中央の椅子に座るや、「羊の毛刈り」専門家がバリカンで髪の毛を刈っていく。生断髪式だ。樽美酒が丸刈りにされた頭を初日の出の絵が描かれたボードの太陽の部分に入れ「”はげ”まして、おめでとうございます」と締めくくり、パフォーマンス終了。嵐も会場もあっけにとられていた。

鬼龍院はブログで説明

鬼龍院は出演後すぐに自身のブログを更新し、ファンに謝罪。丸刈り企画を説明した。「3度目の紅白、同じ曲で、運良く大成功できた前回、前々回を上回るパフォーマンスをやらなくてはいけない。それが何より難しく、最大の悩みでした。

そして結果、来年の干支である羊の毛刈りの流れで樽美酒さんも毛を刈られ、初日の出になるという案になりました。いくら考えても、どうしても今回はこれ以上のものが出てきませんでした。

研二さんに案を話し、坊主になってくれるか聞いたところ、パフォーマンスの為ならと、了承してくれました」とつづっている。あふれ出るサービス精神の賜物だったようだ。

丸刈り頭をブログで披露した樽美酒

樽美酒のブログでは、放送後に丸刈り頭を披露。「大丈夫大丈夫(*^_^*) 似合うでしよ♪(´ε` )」と強がっている姿がアップされている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking