武田梨奈が空手大会で優勝、「人生で二度目のMVP賞」ゲットに歓喜

Text by

  • 0
武田梨奈公式ツイッター

武田梨奈公式ツイッター

女優の武田梨奈(23)が18日、ツイッターを更新。第81回関東空手道選手権大会で2冠達成を報告した。

空手歴14年の黒帯

「高校・一般型の部、一般女子組手の部、優勝しました…!会場で声援を贈ってくださった皆様、ありがとうございました」と喜びのメッセージをつづった。武田は空手歴14年。琉球少林流空手道月心会の黒帯を持ち、頭で瓦を割るCMで一躍脚光を浴びた。

昨年、W優勝していた

昨年6月の全関東空手道選手権大会では「高校・一般・壮年・女子段組手の部」「高校・一般 男女段の型の部」でW優勝していた。

グラビアアイドルの小松彩夏、水崎綾女らがお祝いコメントをおくり、ロックバンド「氣志團」ボーカルの綾小路翔も「す、スゲェぜ…!流石です!押忍!」とメッセージをおくった。武田も「綾小路先輩にそう言ってもらえて嬉しいです!押忍!」と返信した。

ブログでも優勝を報告

武田はその後、自身のブログを更新。同大会での弟の組手優勝と父親の1回戦敗退を報告。大会の様子にも触れ「人生で二度目のMVP賞」をもらったこと、組手の決勝戦では「何度も延長戦になり、本当にギリギリでした」と本音を吐露。

「相手の選手は私よりも年下だったけど前に試合した時よりも一段と上手くなっていて、自分よりも若い世代が頑張っている姿を見て、自分ももっと頑張らなきゃいけないと感じました」と奮起。「いつかは、再び!全国大会にも挑戦したいな」といっそうのやる気を見せていた。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking