「あぶデカ」が来年復活するも、最終作決定でオールドファンが涙

Text by

  • 0
東映ビデオ公式サイト

東映ビデオ公式サイト

東映が2日、映画「さらば あぶない刑事―long good-bye-」(村川透監督)の製作を発表した。

「あぶデカ」の愛称で親しまれてきたアクション作。新作は2005年公開の「まだまだあぶない刑事」以来、11年ぶりになる。1986年のシリーズ1作目となるテレビドラマの放映開始から30年の節目で、シリーズがついに完結する。

舘ひろし・柴田恭兵コンビも快諾

昨秋、最後の作品出演を主役の舘ひろし(64))と柴田恭兵(63)に正式にオファーしたところ、快諾したという。来月下旬にクランクインする。

舘は「足腰は多少パワーダウンしましたが、今でも特技はバイクアクション」と、自信たっぷり。柴田は「いつも通りジョークも添えてスクリーンで派手なお別れパーティーを開きたいと思います」とやる気満々。

浅野温子、仲村トオルらも共演

浅野温子(53)や、仲村トオル(49)らも出演。定年退職を控えた神奈川県警港署の2人の刑事が、事件を解決して退職か、殉職か、といった内容になるという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking