武田梨奈が「おしめ換えてもらったので恥ずかしくない」と明かした理由とは

Text by

  • 0
武田梨奈公式ツイッター

武田梨奈公式ツイッター

アクション女優の武田梨奈(23)が7日、インドネシア映画「SARAH サラ」の公開記念トークバトルを行った。

次々飛び出すとんでもトーク

プロインタビュアーの吉田豪を相手に、華麗な実技を披露した後、トークを展開。

同映画は最愛の娘を守るために闘う母親の物語。武田は自称パパっ子で、「お父さんが娘のために戦う話とか大好き」で、「父は私のヒーロー、目の前で負けたのが悔しくて」格闘家を目指したという。

お風呂も家族一緒に入る?

5人家族の武田家は裸族で、お風呂も一緒だという話を吉田がツッコむと、武田は「家に帰る時間がかぶるので、(誰かが湯船、その間に別の人が洗い場という風に)ランダムに入っていくんです」と効率的に入浴する結果だと説明。

弟に足を押さえてもらい、上半身裸で腹筋

ただし裸族については全面的に認めた。「(抵抗は)ないですね」とキッパリ。

周囲にからかわれて「やめてくれ」という弟に足をおさえてもらいながら、武田は上半身裸で腹筋しているという。「家族に裸見られて恥ずかしいと思ってる方が恥ずかしくないですか?おしめ換えてもらってたのに」とケロリとした顔。

イベント後、武田は自身のツイッターを更新。「吉田豪さんとトークしてると何でも喋っちゃいます。恥ずかしい事もつい喋っちゃいます」とつぶやいている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking