米良美一がくも膜下出血と水頭症で2度の手術、今秋復帰を目指してリハビリ中

Text by

  • 0
米良美一オフィシャルサイト

米良美一オフィシャルサイト

歌手の米良美一(43)が昨年末、くも膜下出血で倒れて入院したことが7日、わかった。

マネジャーに発見された

昨年12月、米良は鹿児島で行われた講演会から戻った翌日の昼、都内の自宅でくも膜下出血を発症。倒れているところをマネージャーに発見され、都内の病院で緊急手術を行った。

今年に入ってから水頭症を発症、1月中旬に再手術を行った。先月末にようやく退院、現在は復帰を目指してリハビリ中だという。

脳外科の医師から「体を使うことがリハビリになる」と言われているため、「規則正しい生活をして、ゆったりする時間と(リハビリなどの)攻める時間のメリハリをつけ、家の中を歩いています」とリハビリに励んでいる。

難病を抱えている米良

米良は先天性骨形成不全症の難病を患いながらも、94年、洗足学園音楽大学を首席で卒業。96年にアルバム「母の唄~米良美一日本歌曲集」でCDデビュー。

「もののけ姫」主題歌で有名に

97年のスタジオジブリのアニメ映画「もののけ姫」の同名主題歌を歌って大ヒット、一躍脚光を浴びた。98年には長野パラリンピックで「アヴェ・マリア」を歌い、カウンターテナーとして世界的に知られるようになった。

一時はストレスで声が出なくなったりしたが、壮絶な病気体験やいじめ、極貧生活などをカミングアウト。自身の体験談を講演会で話したり、バラエティー番組でひょうきんキャラを披露したりと幅広い活動を続けている。米良は今秋のコンサート復帰を目指している。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking