徳光和夫アナの生涯年収を約130億円と暴露した、すねかじり息子

2015年04月14日 06時16分

2015年04月14日 06時20分

徳光和夫公式ホームページ
徳光和夫公式ホームページ

タレントの徳光正行(43)が13日に放送されたバラエティー番組「有吉ゼミ春満開3時間SP」(日本テレビ)に出演。

身内の恥をさらしてタレント活動

父でフリーアナウンサーの徳光和夫(74)の推定生涯年収を約130億円と暴露した。先月放送された同局の「ダウンタウンDX」で、父親自ら「競艇で6億円すった」と打ち明けていた。

ギャンブルで12~13億円すった

今回の発言では、「競馬を入れると12~13億円負け」ていることを告白した。つまり、競艇で6億円、競馬で6~7億円すっていることになる。父親の生涯収入についても言及し、「13億円の10倍くらい稼いでいるんじゃないですか」とこたえて、周囲を唖然とさせていた。

毎年もらうお年玉は10万円

今年2月に正行との離婚を発表したフリーアナウンサーの田野辺実鈴(32)も舅の金銭面での甘やかしをバラエティー番組で暴露したことがある。正行は30歳まで働かず、親がかりのニートだった。番組で正行は未だに毎年かかさず10万円のお年玉をもらっていることを認め、「父が稼ぐ間は来年も再来年もいただけたら」とぬけぬけと話していた。

注目の記事