地下アイドルが公演中にリスカして8針縫う大怪我、激怒の事務所が解雇

Text by

  • 0
白石さくら公式ツイッター

白石さくら公式ツイッター

地下アイドルグループ「エンタの時間」の白石さくら(20)が13日、所属事務所から解雇されたことが公式サイトで発表された。

「エンタの時間」の白石さくら

同事務所によると、同日の公演会場でリストカットをしたこと、その理由が「交際していた相手との関係のもつれ」だったことが判明。

同棲中のファンとトラブル

その相手とは「同棲中のファン」であることから、「更なる支障をきたす可能性が極めて高いと判断し、解雇処分という結論を出させていただきました」と説明した。

4月に活動開始したばかり

「エンタの時間」は4月に活動開始。5月に1stシングル「時間トラベラー」をリリースしたばかりだった。

白石はリスカを繰り返し、その傷跡を撮影してSNSに掲載してきた。手首を8針縫う怪我を負ったが、命に別状は無かった。

ツイッターで反省つぶやく

白石は自身のツイッターで「会場でリスカして今日付で事務所解雇になりました!

理由くだらなくて冷静になったら本当に馬鹿だなあと思う」とつぶやいた。

その後も「馬鹿なことして解雇になってお先真っ暗です」

「人間関係トラブルてほんとメンタルくるよね。リスカ以外で発散できるようにならなきゃね」など、時間の経過とともにようやく反省の度合いが増してきている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking