パックンマックンがく然、13日放送の「駆け込みドクター!」で、重病発見

Text by

  • 0
TBS公式サイト

TBS公式サイト

お笑いコンビのパックンマックンが、13日放送の「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」(TBS)に出演。

9年ぶりにゴールデン共演

18年のコンビ歴を誇る2人だが、近年はピンの仕事が相次いでいる。

パックンことパトリック・ハーラン(44)は、米・ハーバート大卒の高学歴をいかし、インテリ芸人として活動。

マックンこと吉田眞(42)は、月~金の帯番組で司会を担当している。

2人が揃ってゴールデンの番組に出演するのは、何と9年ぶりだという。

2人揃って胃の検査

同番組の今回のテーマは「胃と食道の新常識スペシャル!」。胃の検査を行い、食生活をチェックすると、2人ともに異常が見つかった。

パックンは食道裂孔が見つかった。

マックンは食道と胃の境目に5ミリのポリープ(良性)と重度の逆流性食道炎が発見された。

マックンは超激辛党で、カレーの食べ歩きが趣味。ハンバーガーに一味唐辛子をかけまくる偏った食生活やストレスが胃によくないようだ。

胃に不調を抱える方はぜひ

番組では「放っておくと怖い逆流性食道炎」として大特集。

自己診断で簡単にわかる逆流性食道炎の兆候、同じ症状を引き起こす別の病気との見分け方などを教える。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking