イクメン夫との格差婚失敗で結婚7周年を祝えず、真木よう子離婚

Text by

  • 0
真木よう子インスタグラム

真木よう子インスタグラム

女優の真木よう子(32)が今月中旬、離婚届を提出したことが分かった。

2008年にデキ婚

真木は2008年11月、元俳優の片山怜雄(33)とデキ婚。夫が家庭に入り、イクメンとして家事を受け持つ変則夫婦だった。

周囲に大反対された

両親の離婚を間近に見た真木は結婚願望が強く、結婚の際には格差婚として周囲に大反対された。

だが、真木は持ち前の負けん気の強さで結婚を強行。

2009年5月には、第1子となる女児が誕生。はた目には円満な家族として映っていた。

だが、仕事が順調で多忙な真木と夫とのすれ違い生活は徐々に溝を深めていったようだ。

来年4月の娘の小学校入学を前に、離婚の道を選んだ。

娘は6歳に

長女(6)の親権は真木が持つ。双方に慰謝料などは発生しない。

真木の仕事の関係先や親しい知人などには、すでに報告を済ませている。

芸能界にまたひとりシングルマザーが誕生した。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking