みのもんたの原点、長寿ラジオ番組が終了へ

Text by

  • 0
みのもんたのウイークエンドをつかまえろオフィシャルサイト

みのもんたのウイークエンドをつかまえろオフィシャルサイト

みのもんたが出演する文化放送の長寿ラジオ番組が3月末で終了することが判明した。スポンサーを務める2社のCMが自粛状態となっているためであると見られる。4月からは同局で新たなレギュラー番組をスタートさせる。

タレントや司会者として、あるいは実業家としてマルチな活躍を見せるみのもんたであるが、彼のキャリアは文化放送のアナウンサーに始まる。当初はニュース原稿などを読み上げていたが、あまり適正はなかったようだ。その後、深夜放送ブームに乗っかりスタートした「セイ! ヤング」のパーソナリティーとして人気を博した。深夜ラジオは長尺のフリートークや、リスナーとの対話に重きが置かれている。のちに「おもいっきり生電話」で見せる、素人との軽快なトークの腕は深夜帯で鍛えられたのかもしれない。

文化放送を退社後は、実家の会社を手伝う。タレントとして再び人気に火がつくのが、プロ野球ニュースのナレーションであった。珍プレー、好プレーに洒脱なセリフを当てる番組構成は、ラジオ的なセンスが生かされたものであるといえよう。他にもナレーションを担当した番組は「なるほどザ・ワールド」や「オールナイトフジ」などエンターテイメント要素の強いものであった。みのもんたは社会や政治を斬る前に、笑いの人、サブカルチャーの人であったのだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking