Googleが利用者の死後に自動でデータを削除してくれる新サービスを開始

Text by

  • 7
Shutterstock

Shutterstock

『自分が死んでしまった後、家族や友人にPCのデータを見られるのが心配…〛といったネットユーザーにはありがちな悩みを解決する新たなサービスが、海外Googleにて開始されました。

4月11日からGoogleが開始した「Inactive Account Manager」は、ユーザーが死亡した際など様々な理由で長期間ログインしなかったアカウントのデータを自動的に削除してくれるというもの。3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月、12ヶ月から非アクセス期間を選択し、Blogger、Googleドライブ、Gmailと連絡先、Google+、Google Voice、Picasaに加えてYouTubeのデータが対象。また、信頼出来る人が身近にいる場合はこれらのデータを全て受け渡す事も可能となり、実際に消去や譲渡が行われる前に利用者にはアラート通知が届くとの事。

日本からの利用は今のところ出来ませんが、メールや写真を絶対に他に人に見られたく無い!といった海外ユーザーの間では早速利用者も現れているようです。今回対象となるGoogle+やFacebookなどSNSのブームでネット上の友人も作りやすくなった昨今。顔の見えない相手の近況を知る様なサービスは今後もどんどん登場してくるのかも知れません。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking