中止となった実写版『AKIRA』が再始動、ディカプリオが再プロデュース

Text by

  • 0
AKIRA

AKIRA

監督の交代や、脚本の白紙化など様々な原因によって、昨年プロジェクト自体が中止に追い込まれてしまったハリウッド実写映画版『AKIRA』ですが、各映画メディアで再始動に向けた準備が進められていると一斉に報道されています。

それによると、現在ワーナー・ブラザースと、降板したジャウマ・コレット・セラ監督の間で再度交渉が進められているとの事で、早ければ2014念の春にも製作が開始される見込みなんだとか。キャスト陣の変更は不明ですが、当初から予定されていたレオナルド・ディカプリオのプロデュース続投も既に決定しているとの事。

1988年の映画初公開以降、世界中でファンを増やし続け、今週9日から国内でも公開される『パシフィックリム』のギレルモ・デル・トロ監督も大きな影響を受けていると公言するなど、第一線で活躍するクリエイターからも絶大な支持を集めている『AKIRA』。

国産アニメのハリウッド実写化はややハードルが高い印象もありますが、名作がどのようにして生まれ変わるのか、楽しみに続報を待ちましょう。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking