【これはスゴイ】3Dプリンタでつくる99%虫歯にならない“歯”が実現間近?

Text by

  • 17
Flickr_Partha S. Sahana

Flickr_Partha S. Sahana

近い未来、永遠に虫歯とは無縁の“歯”が現実のものとなるかもしれない。

しかもそれは、3Dプリンタであっという間に作成可能だという。

99%抗菌のプラスチック

既存のインプラントや差し歯は、長年つけていると虫歯になるなど維持費が嵩むのが玉に瑕。

そこで、オランダのフローニンゲン大学のアンドレアス・ヘルマン教授率いる研究チームは、3Dプリンタ用の抗菌プラスチックを開発。これを使えば、細菌による歯のダメージを抑えられる可能性があるという。

ヘルマン教授によれば、そのプラスチックは、細菌を一瞬にして殺すことができるが、ヒトの細胞には無害だとか。

また、同プラスチックを用いた実験では、虫歯を引き起こすミュータンス菌を99%まで殺菌することに成功したそうだ。

強度や歯磨き粉の使用が課題

この抗菌プラスチックを患者に使用するためには、強度や、歯磨き粉の使用に耐えられるかなどを調べる必要があるとのことだが、それほど長い時間をかけずに実現できるだろうと研究者らは考えているという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking