実用化目前?Wi-Fiの100倍高速で通信できるLi-Fiがすごい

Text by

  • 8
123RF

123RF

最近はWi-Fiのお陰で、どこでも高速無線通信ができるようになり、インターネットを気軽に楽しめるようになった。

しかし、動画サイトなどの普及により、もっと速い速度でインターネットを利用できたらと思う方もいることだろう。

Wi-Fiの100倍の速さ

現在、Wi-Fiの100倍の速度で通信できる超高速通信“Li-Fi”が、実用化に向けて実験中だそう。

研究者たちは今年初頭、Li-Fiを使用した実験で、毎秒224GBの速度でのデータ送信に成功したと報告した。

そもそもLi-Fiって?

Li-Fiとは、Wi-Fiと同様の無線技術のことで、可視光通信(VLC)を用いて超高速通信を可能にする新しい通信規格のこと。

2011年、英エジンバラ大学のハラルド・ハース教授によって発明された。

LED電球の光を高速で点滅させることで、大量のデータを一度に送信することができるため、超高速でデータ送信することが可能になったという。

セキュリティもより安全に

また、Li-Fiの利点はWi-Fiよりも遥かに早い通信速度だけではない。

なんと、セキュリティ上の安全も確保できるという。

というのは、光は壁を貫通できないため、従来のWi-Fiよりもデバイス間の干渉が少なく、セキュリティ性の高い通信規格になるとのこと。

実用化に向けて実験中

現在、世界中の研究チームが実用化に向けて、研究室外でもLi-Fi環境を実験している。

エストニア共和国の首都タリンでは、さまざまな企業や産業の協力で実験を行ったところ、Li-Fi環境では毎秒1GBのデータを伝送できることがわかった。現在のWi-Fiの速度の平均より100倍速いという。

また、フランスのハイテク企業Oledcommは、地元の病院に独自のLi-Fiを設置している最中だそう。

先月、Li-Fiの発明者ハース氏と研究チームは、毎秒11.5MBの超高速通信を提供するアプリケーション会社「PureLiFi」を設立。

「私たちは将来、140億個の電球を持っているだけではなく、140億のLi-Fi技術により、クリーンで環境に配慮した、さらに明るい未来を世界的に展開していくことでしょう」とハース教授は語る。

Li-Fiの実用化に向けて邁進中だ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking