ボランティアの愛がホームレスを救う!約1000枚のレジ袋で作った“布団”がスゴイ

Text by

  • 2
1 Million Women

1 Million Women

米ネブラスカ州にあるFaith Westwood United Methodist Churchのボランティアサークルの女性たちが、意外なものを使って、冬を迎えるホームレスを支えているとして話題になっている。

その意外なものとは、リサイクル用に集められたレジ袋。彼女たちはこれを使って、布団を作っているという。

レジ袋をかぎ針編みで布団に

全米のホームレスシェルターでは、冬の間、ホームレスの人々が暖を取れるように、施設を開放しているところもあるそう。

しかし、布団が足りなくなってしまい、床で寝なくてはならない人も。

そこで、ボランティアサークルの女性たちは、毛糸のように細長くしたレジ袋をかぎ針で編んで布団を作り、この施設に寄付しているとか。

1 Million Women

1 Million Women

1000枚の袋で数週間かけて作成

1つの布団を作るためには、約1,000のレジ袋が必要。完成するまでには、数週間を要するという。

1 Million Women

1 Million Women

なおこのレジ袋の布団は、プラスチック製のため防水性にも優れており、施設に入ることができなかった人々も雨や雪をしのぐことができるとのこと。

ホームレスの人々の命を救っているのは、ボランティアの女性たちの愛とリサイクル用のレジ袋だったのだ。

Stephanie Lewisさんが公開しているレジ袋布団の作り方はこちら▼

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking