この世の風景とは思えない!中国四川省の世界遺産「九寨溝」が美しい

Text by

  • 0
Flickr_Jean-Marie Hullot

Flickr_Jean-Marie Hullot

年末年始を慌ただしく駆け抜け、ちょっと心が疲れ気味の方も多いだろう。

中国四川省北部の自然保護区でユネスコの世界遺産に登録されている九寨溝の清々しい景観を紹介したい。

Flickr_Jean-Marie Hullot

Flickr_Jean-Marie Hullot

チベット民族やジャイアントパンダの住む湖水地帯

チベット少数民族などの居住地としても知られる九寨溝は、標高3400mから2000mの場所に100以上の沼が連なっているという美しい湖水地帯。

また、ジャイアントパンダの生息地のひとつとしても有名だ。

Flickr_killerturnip

Flickr_killerturnip

独特の青い水で有名

湖水の水は透明度が高く日中にはブルー、夕方にはオレンジなど時間によって独特の色を放つという。特に独特の色合いを持つ青い湖水は印象的だ。

Flickr_Jean-Marie Hullot

Flickr_Jean-Marie Hullot

ちなみにこの独特な色合いは、一般には水中に溶け込んでいる石灰分(炭酸カルシウム)の影響や光の屈折率によるものだとか、湖底の苔の影響などとさまざまな説が飛び交っているそう。

Flickr_Jean-Marie Hullot

Flickr_Jean-Marie Hullot

交通の便も改善された

中国屈指の人気観光地だが、自然保護のため1日の入場者数も制限されている。

Flickr_Jeremy Thompson

Flickr_Jeremy Thompson

苔に覆われた大地が広がり、滝や川の流れに心が洗われる。

Flickr_B_cool

Flickr_B_cool

以前は成都からの長距離バスで約9時間もかかったが、2003年に開港した九寨黄龍空港から約1時間半で到着できるようになったという。

雄大な自然の中での深呼吸でストレスも吹き飛ぶことだろう。想像しただけでもリフレッシュできるかも?

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking