乗客を安心させるため?飛行機に乗っていた意外な“セラピー・アニマル”が話題に

Text by

  • 0
Imgur/biggestlittlepickle

Imgur/biggestlittlepickle

ソーシャルニュースサイト「Reddit」に投稿された“飛行機内で見た「ペット療法」として同乗していた動物”の写真が予想外だったと話題になっている。

ペット療法の動物は七面鳥

この画像を投稿したユーザーの隣人(客室乗務員)が見たその動物とは、なんと七面鳥

Imgur/biggestlittlepickle

Imgur/biggestlittlepickle

こちらの航空会社はペット療法の一環として、精神的補助動物 (ESA) を飛行機に一緒に搭乗することを許可しているという。

つまり、この七面鳥は飛行機に搭乗する患者のパートナーとして感情や精神のセラピーを助けるための動物だったのだ。

癒しや慰めのためだけに搭乗

National Service Animal Registryによると、ESAは心理学者や精神科医によって処方されるペットのこと。

処方された動物は患者のための治療プログラムの一部であり、感情的・心理的な障害を最小限に抑えるとされており、猫・犬・ねずみ・ウサギ・鳥・ヘビ・ハリネズミ・ミニブタ・フェレットなど様々だ。

精神に癒しや慰めなどの支援するために搭乗しているだけで、盲導犬等のように訓練を受けているわけではなく、何らかの任務を果たすことはないとのこと。

Imgur/biggestlittlepickle

Imgur/biggestlittlepickle

この画像を見た海外の人々の反応は、

・七面鳥は飛べないんだから、もう2度と飛ばなくていいように望んでいるよ!
・検疫はどうなっているの。国内便だよね?
・鳥は苦手なんだよな。隣だったらどうしよう。
・セラピー・マングースだったらいいな。見た人いる?
・いや、モモンガの方がいいよ。

といったESAに関する疑問や意見から、「ヘビだったらどうするんだよ」という人に「あ、私が住んでいる街のレストランではサービス蛇というのがいるよ」というESA以外で見た動物の話題などでも盛り上がっている。

しかし飛行機に乗ったら七面鳥がいたなんて、なかなか得られない体験だ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking