1泊2万円!? Airbnbに現れたリアル“かまくらホテル”が話題に

2016年01月26日 19時00分

2016年01月26日 19時00分

Imgur/YLH8n
Imgur/YLH8n

世界各地で記録的な大寒波となっている今年。ニューヨークでも記録的な大雪のため、緊急車両以外走行禁止など厳戒態勢が敷かれたとニュースになったのでご存じの方も多いことだろう。

そんな記録的大雪の中、Airbnbという宿泊施設予約サイトに掲載された一風変わった宿泊施設“Boutique Winter Igloo(冬のブティックかまくら)”が話題になっている。

ユニークな宿泊施設をネット予約

Airbnbとは、2008年8月に米・カリフォルニア州サンフランシスコで創業した世界中のユニークな宿泊施設をネットや携帯などで予約できるウェブサイトのこと。

世界192カ国の3万3,000都市で80万以上の宿泊施設を提供している。

ブティックかまくらを建設

ブティックホテルというとラグジュアリーなホテルのことだが、こちらの“ブティックかまくら”はもちろん雪でできている。

オーナーは記録的な猛吹雪をものともせず建設した模様。

Imgur-YLH8n00

この部屋の説明だが「独創性とこれまでのライフスタイルとは違ったオーラが漂う2016年の最も望ましい休暇の”Snopocalypse(この世の終わりのような厳しい寒波)”」とはじまり

Imgur/YLH8n

Imgur/YLH8n

「手作業によって作られた自然なエレメントを使用して構築― 私たちはあなたに粋なドームスタイルのバンガローでの滞在時間を提供いたします」となんともウィットに富んでいる。

米ニューヨーク州ブルックリン地区に位置し、カップルで宿泊できるようにダブルベッドだが宿泊代金は一晩200ドル(約2万3,000円)。ニューヨークのホテル代の相場が高いとしてもちょっと高級すぎる?

溶けない屋根でお願い

現在は残念ながらAirbnbで宿泊予約ができなくなっている。

というのも、オーナーのPatrick M. Hortonさんによれば、「入居基準を満たしていないため、Airbnbに削除されてしまったんだよ」とのこと。

Airbnb側から「私たちはあなたが記録的な大雪の中を忙しく楽しんでいらっしゃることを大変嬉しく思います」とはじまる削除理由がHortonさんに送られてきたそう。

「あなたのかまくらは非常によくできていますが、残念ながら私達の宿泊基準を満たしていないため検索結果から削除されました。必ず、水道、電気、および溶けない屋根を設置した宿泊場所にしてください」とのこと。

確かにラグジュアリーなブティックホテルじゃなくても、水道・電気と溶けない屋根は重要だ。

注目の記事