命がけ!中国・華山の世界一危険なハイキング道がスリル満点

Text by

  • 1
ssqq

ssqq

世界一危険なハイキング道がある中国の華山をご存知だろうか?

陝西省華陰市にある中国五名山の1つで「西岳」と称されている華山は、最高峰となる南峰の標高が2,160m。

izismile

izismile

群馬県吾妻郡草津町に位置する草津白根山と大体同じくらいの高さだが、世界一危険なハイキング道があると有名だ。

世界一危険な長空桟道

このハイキング道は花崗岩の岩場を削った無数の石段から作られている。たとえ石段があっても急勾配なので登るのはひと苦労だ。

ssqq

ssqq

中でも道教の修道院がある聖地へ向かう「長空桟道」は、断崖絶壁の上に作られた20cm程度の足場や桟道を通って行かねばならないという世界一危険なハイキング道。

izismile

izismile

たとえ命綱があるとしても一歩踏み出すのが怖くなるような板だけの道が続いている。下を見ると吸い込まれそう。

izismile

izismile

ハイキング道とは名ばかり、20cm程度の板すらない場所もある。

危険が隣り合わせ

楽しそうに登っている人々もいるが、はっきりいって危険が隣り合わせのロッククライミングようだ。

izismile

izismile

両手を離して記念撮影。上から撮影している人も被写体も怖いもの知らず。

izismile

izismile

霧に覆われると下の風景もよく見えない。

春夏秋冬・老若男女楽しめる?

下の写真は同じ道を季節違いで撮影したもの。緑多い春や夏でも危険なのに、冬になってもハイキング道は閉鎖されておらず、雪が降り積もり一際スリル満点に。

ssqq

ssqq

もちろんハイキング道というだけあって老若男女が入山可能で子供から大人まで楽しめるという。さっそうと道を行くおばあちゃん。何歳になってもスリルを楽しめるってすごい!

ssqq

ssqq

年間で100名以上が転落死

しかしこの通り、立っているのもやっとの場所も。高所恐怖症ではなくても下を見ると身体がすくみそう。

izismile

izismile

ちなみに険しい長空桟道や切り立った崖を登る場所などでは、命綱があっても年間で約100名以上が転落死しているとのこと。

そこで2013年4月1日より西ロープウェイが運行を開始。観光客がロープウェイで気軽に西峰へ行くことができるようになったので、長空桟道を通るのが恐ろしい人でも華山の風景を楽しめるという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking