森で拾ってきた枯木と古い素材を融合してつくるフレームアートが個性的

Text by

  • 0
Facebook/Fusionframesnw

Facebook/Fusionframesnw

米オレゴン州ベンド在住のアーティストDarryl Cox氏が制作する額縁アートが美しいと話題になっている。

森の中を散策して

作品に使用する古木はさまざまな森の中を散策して見つけるそう。特に古くなり枯れて死んでしまった木がより個性的で作品向き。

Facebook/Fusionframesnw

Facebook/Fusionframesnw

セントラルオレゴンマンザニタ、アスペン、ウィラメット・ヴァレーフィルバート、カリフォルニアグレープバイン等が彼のお気に入りの森の一部。

Facebook/Fusionframesnw

Facebook/Fusionframesnw

独創的な古木からインスピレーションを得て、木工や彫刻そして絵画などの技術を融合し額縁を作成しているという。

古い素材の元の個性を

また革・鉄・真鍮・青銅・ガラス等の古い材料の元々の個性を活かしながら、フュージョンフレームのアートとして融合。

Fusionframesnw

Fusionframesnw

古くなってしまった塗料や汚れ、サビなども独自の個性として作品に生かされている。

素材がインスピレーションの源

こちらの作品はCox氏の兄が乾燥した湖の底で見つけた1900年代初頭の石膏でできた額縁と古い根を組み合わせて作ったものだとか。異素材である額縁と根が違和感なく繋がっている。

Facebook/Fusionframesnw

Facebook/Fusionframesnw

モミの木をダイナミックな根をうねりから着想を得て作られた“Hermes(ヘルメス)”という作品。1900年代のアンティーク額縁がギリシャ神話のヘルメスのような神々しさ。

Facebook/Fusionframesnw

Facebook/Fusionframesnw

セントラルオレゴンの森で見つけたマンザニータの枝が印象的な額縁だ。枝の温かみのある赤銅色とアンティーク額縁の深い緑色とのコントラストが美しい“Bentley(ベントレー)”という作品。

Facebook/Fusionframesnw

Facebook/Fusionframesnw

他にもさまざまなテーマと由来を持った作品が多数制作されている。

通常の額縁のように絵画は嵌めこまれていないが、さまざまな素材の個性を融合したフレームアート。

彼の最新作はFacebookEtsyでも見ることができる。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking