【まるで羊】くるくる巻き毛のブタさんがかわいすぎるw

Text by

  • 0
Facebook/Dalby Farm

Facebook/Dalby Farm

19世紀前半に誕生したハンガリー固有の非常に珍しいマンガリッツァ豚をご存知だろうか。

食べられる国宝

2004年にハンガリーによって「国宝」に認定。脂肪率が世界で最も高く濃厚な赤身が珍重され「食べられる国宝」として有名だ。

またスペインのイベリコ豚が同系統の豚であるといわれており肉質も似ているという。

くるくるの巻き毛が特徴

くるくるとした巻き毛で覆われたマンガリッツァ豚は、その姿から“Wooly Pig(毛むくじゃらの豚)”とも言われている。

独特の毛皮は冬の寒さだけではなく、夏の厳しい日差しから身を守ることもできるそう。

自然環境の中で飼育

主にドナウ川周辺に広がるハンガリー平原地帯で育ち、豚舎ではなく広々とした自然環境の中でどんぐりやかぼちゃなど新鮮な自然食品のみで飼育されるという。

liamja_さん(@liamja_)が投稿した写真

ふわふわの毛のせいで羊のようにも見えるが

Flickr_David Martyn Hunt

Flickr_David Martyn Hunt

鼻のあたりはやっぱり豚。

Tamara Lepiankaさん(@tlepianka)が投稿した写真

ベルガマスコ・シェパード・ドッグというイタリア原産の牧羊犬種に似ている気も。

Flickr_mfortini

Flickr_mfortini

独特の愛嬌のある姿に「私も1匹ほしい!」という人も。

確かに赤ちゃん豚たちは小さくてペットにできそうなほどかわいいかも。

Facebook/Dalby Farm

Facebook/Dalby Farm

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking