10年以上誕生日を祝ってもらっていなかった高校教師に生徒が仕掛けたサプライズがステキ

Text by

  • 0
Twitter/@Saeya8

Twitter/@Saeya8

米・バーレソン高校で英語教師として勤めているKyle Simpler先生の誕生日に生徒たちが仕掛けたサプライズが話題になっている。

10年近くも縁がない

大人になるとなかなか誕生日パーティーを開いてくれる人がいない。Simpler先生も10年近く誕生日パーティーというものに縁がなかったという。

ところが56回目の誕生日はいつもと違った。Simpler先生が教室に入った途端、生徒たちの「ハッピーバースデー」の歌声が響いていたそう。驚きながらも先生は軽く手を上げ教壇へと向かった。

Twitter/@Saeya8

Twitter/@Saeya8

その途中にひとりの生徒にプレゼントを手渡され、先生はにこやかに受け取っているようだが…。

もしかして先生にはサプライズすぎるため、誕生日パーティーだとはっきりと気づいていない?

感激のため言葉が出ない

ところが先生にも「生徒たちが自分の誕生日を祝ってくれている」という状況がだんだん飲み込めてきた模様。両手を頭上へと持っていき考え込んでいる。

そこにもう一人の生徒が先生の目の前に誕生日カードを置いた。それを見た先生は両手で顔を覆い感激で言葉が出てこない。

Twitter/@Saeya8

Twitter/@Saeya8

生徒たちが歌を歌い終わると、突然先生は来た道を戻りだした。

Twitter/@Saeya8

Twitter/@Saeya8

やっとたどり着いた書棚に寄りかかり心を落ち着けた後、「ありがとう」と小さくつぶく先生の姿がなんとも微笑ましい。

Twitter/@Saeya8

Twitter/@Saeya8

この素敵なサプライズパーティーの一部始終を彼の生徒たちが「私たちの先生のサプライズパーティーよ!先生は最後に誕生日ケーキをもらったことを覚えてないんだって」とTwitterに投稿。

現在までに5万5000以上もリツイートされている。

粋な計らいに大反響が

この生徒たちの粋な計らいにユーザーたちから大きな反響が寄せられた。

「先生を尊敬する生徒たちにに感激して泣いちゃった!私も担任の先生が大好きだったから」という女性や

「先生が最後に『ありがとう』と言った声のトーンにとても感動したわ」という人。

「私の友人のほとんどは教師だから、彼らがこれを見たら笑顔になると思う。子供たちが先生に敬意をもっていることを証明してくれてありがとう」と感謝を述べる人まで

「若い世代から愛について学ぶことができるなんて素晴らしい」というすてきな意見も。

生徒たちの思いのこもったサプライズにTwitterのユーザーたちも大感激だ。

もちろんSimpler先生にとって忘れがたい誕生日になったことだろう。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking