その手があったか!通勤ラッシュを避けるためある男性が思いついた方法が秀逸w

Text by

  • 2
Vimeo/Napalon Productions

Vimeo/Napalon Productions

米・ワシントンD.C.近郊に住む男性が通勤ラッシュを避けるため、ボートで通勤している動画が話題になっている。

地図を見てひらめいた

Gabe Horchlerさんの通勤経路であるワシントンD.C.周辺は「アメリカ国内でも最悪の交通渋滞が起こる高速道路のひとつ」といわれているそう。

そんな交通渋滞に辟易したHorchlerさんは、なんとか通勤ラッシュから逃れられないものかと地図を見ながら考えていたという。

Vimeo/Napalon Productions

Vimeo/Napalon Productions

14年以上前に通勤に使っている高速道路にに沿って川が流れていることを発見し、ひらめいたのが「ボートで川を下って通勤」すること。

Vimeo/Napalon Productions

Vimeo/Napalon Productions

71歳になった今でも元気にボート通勤しているそう。

渋滞とは無縁の生活に

もちろん川には建物や信号などもなく、通勤路として使っている人はほとんどいないため、渋滞ラッシュには無縁と羨ましい限り。

Vimeo/Napalon Productions

Vimeo/Napalon Productions

まれに早朝にカヌーに乗っている人を見かけることや、

Vimeo/Napalon Productions

Vimeo/Napalon Productions

時々学校の行事などで子どもたちがボートに乗っているのに遭遇するか、

Vimeo/Napalon Productions

Vimeo/Napalon Productions

ボート部の学生たちが練習しているのを見るくらいだそう。

Vimeo/Napalon Productions

Vimeo/Napalon Productions

野生動物たちを眺めながら

Horchlerさんはボートのオールを漕ぎながら岸辺や川を眺めていると、しばしば野生の鳥たちや亀などを見かけるという。

Vimeo/Napalon Productions

Vimeo/Napalon Productions

自然の風景や野生動物などを見ながらの通勤は羨ましい限りだが、ボート通勤にも非常に困った問題があるのだそう。

ゴミが悩みの種に

その困った問題というのは、暴風雨などで流されてきたゴミや川に捨てられたゴミがボートの進行を妨げることがあるということ。またボート自体もゴミに引っかかり傷んでしまうこともあるという。

Vimeo/Napalon Productions

Vimeo/Napalon Productions

この写真のように川辺の亀の横にスプレー缶が流れていたり、ゴミが魚を捕る水鳥の邪魔をしていたりと自然環境が心配になることも。

Vimeo/Napalon Productions

Vimeo/Napalon Productions

Horchlerさんはボート通勤をするまで気が付かなった環境汚染を身近に感じているそう。

Vimeo/Napalon Productions

Vimeo/Napalon Productions

とはいえ、交通渋滞と無縁のボート通勤。体力に自信のある人ならストレスフリーで通勤できそう?

動画はこちら▼

※お詫びと訂正

Gabe Horchler氏が乗っている乗り物は「カヌー」ではなく「ボート」でした。お詫びして訂正いたします。(2016年2月18日)

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking