横浜市営地下鉄が急行導入を決定 なるか利便性の向上

Text by

  • 1
横浜市交通局HP

横浜市交通局HP

横浜市営地下鉄ブルーラインを運営する横浜市交通局が、2015年7月横浜市営地下鉄ブルーラインに「急行」を導入する方針であることが明らかになった。これは市会予算第二特別委員会局別審査で、質問を受けた二見局長が明らかにしたもの。横浜市交通局は2012年から急行導入に向けた検討を開始していたが、今回ついに導入時期が発表になった。

横浜市営地下鉄は横浜市と言う都市を走る地下鉄でありながら、「遅くて高くて不便」とのイメージが定着していた。現在湘南台からあざみ野を結ぶ横浜市営地下鉄ブルーラインは、路線距離数40.4キロメートルで、湘南台からあざみ野まで1時間6分かかる。東京、大阪、名古屋と比較すると横浜市営地下鉄はサービスの質、運行本数、利便性とも低く、「これが都市を走る地下鉄なのか」と言う声が多かったのだ。

急行の停車駅などは、現在検討中との事であるが、二見局長は「他の鉄道事業者との乗り換えなどを踏まえて検討する」と話していることから、他社線との接続駅に停車することは間違いない情勢だ。また、急行の本数は1時間2本程度になる模様で、全線で10分所要時間を短縮することが出来るようだ。

急行の導入が利便性の向上にどこまで繋がるかは不明だが、利用者としては嬉しい試みだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking