神奈川で学習塾同士の訴訟勃発!何が起きているのか

Text by

  • 0
shutterstock

shutterstock

少子化の影響は学習塾にも出ているようだ。神奈川県で学習塾を展開する湘南ゼミナールとステップが、高校合格者数を巡ってトラブルとなり、訴訟に発展している。

ステップが湘南ゼミナールの合格者実績を疑問視する内容をHPに掲載

発端は、ステップが湘南ゼミナールが公表している合格者実績に疑念がある旨をHPに掲載した事だった。ステップの主張によると、湘南ゼミナール中川教室が当初合格者を翠嵐2名、川和2名と発表していたにもかかわらず、後日翠嵐7名、川和10名に増えていたのだ。

湘南ゼミナール中川教室に問い合わせたところ、中川教室は「在籍生以外の合格者も実績に含めた」と回答したと言う。在籍生以外とは、特別講座などの生徒や、他教室の生徒を指すようだ。

しかしこの回答はあくまでステップ側の主張である。その後ステップは電話で正しい合格者実績を掲示するよう再三申し入れたが、受け入れられなかったとしている。

湘南ゼミナール側はステップの行為を業務妨害として提訴

湘南ゼミナールは、全国学習塾協会が定める生徒基準が「集中講義などの受講時間数が50時間を超える場合」である事から、不正に当たらないと主張している。

さらに、ステップが中傷文掲載やビラ配りをした結果新規入塾者が減ったとして、3日、横浜地裁に7000万円の損害賠償と謝罪文の掲載を求めて提訴した。

両社とも争う姿勢を見せており、学習塾同士の戦いが法廷で繰り広げられる事になりそうだ。現在のところ和解の道は難しそうである。

教育の現場で突如として起きた激しいぶつかり合いに、1番戸惑っているのは塾に通う生徒たちだろう。裁判の大義名分は生徒を混乱させないため裁判所で決着をつけようと言うものだが、そこに教育者としての誇りはあるのかと問いかけたくなる。

有名高校合格者数は学習塾のものさしとなる。しかしそれを巡って訴訟をしているようでは、本末転倒ではないだろうか。今後の訴訟の行方が注目される。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking