武蔵村山市のデザイン婚姻届が面白い!

Text by

  • 6
武蔵村山市HP

武蔵村山市HP

結婚とは、何なのだろう。ゴールなのか、スタートなのか、それとも墓場なのか。少なくとも、結婚を決め婚姻届に必要事項を記入し、役所に提出するまでは、幸せな気分に浸っていた事だろう。マリッジブルーで、いやいや出す人も中には居るらしいが。

あの時、婚姻届を出さなければ良かったと思っている方も多いだろう。良くも悪くも、紙切れ1枚が人生を決めてしまうのだ。

武蔵村山市が幸せになれる婚姻届を作成

せめて婚姻届を提出する時は幸せな気分で居て欲しい。武蔵村山市はそのように考え、他の市町村とは違った幸せになれる婚姻届を作成した。

女性職員が発案したと言う武蔵村山市の婚姻届には、カップルのイラストとバラの花が描かれている。見ただけで幸せな気分になる事は、間違いないだろう。バラだけに美しいものに刺があるとか、そのような事を暗示させている意図はない。

そして、色は純白とピンクの2種類用意されている。あなた色に染める白か、女性の心を表したピンクかと言う事だろうか。見ているだけで、幸せになれそうだ。恋人が居ない者でも。

婚姻届の枠外はデザイン自由

勝手に婚姻届をデザインして良いの?と言う疑問が湧いてくる。戸籍法により婚姻届のフォーマットは決まっているものの、枠外は自由であるから、武蔵村山市の婚姻届は、何の問題もないのだ。

ちなみに、離婚届のデザイン化については未定だそうである。枠外に髑髏のマークであるとか、爆弾のマークを入れれば、離婚を思い留まってくれるかもしれないのだが。

武蔵村山市に限らず、今後このような「デザイン婚姻届」の流れは進むかもしれない。各地自体で特色があった方が、面白いのではないだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking