人口流出がヤバイ…!茨城県の大洗町が住宅取得者に30万円を支給開始

Text by

  • 2
大洗町

大洗町

2010年の国勢調査によると、東京都が585,140人、神奈川県が257,913人人口が増加した事が判明している。21世紀に入り、東京1極集中が加速化しているのだ。

人口が増加していると言う事は、人口が減少している地域があると言う事である。首都圏に流入している人々の多くは、東北地方と新潟県の人々である事が調査の結果判明している。

東北地方や新潟県は人口の流出と減少が深刻化しており、対策に頭を悩ませている。

大洗町が住宅取得者に奨励金を出す制度を導入

茨城県の大洗町は22日、人口の流出阻止と転入促進ため、大洗町内に住宅取得した世帯に対し、奨励金を出す制度を導入すると発表した。

この制度は常陽銀行と筑波銀行がバックアップし、中学3年生までの子供が居る世帯に30万円、他の世帯に20万円を支給する。応募条件は大洗町に住民票があり、税金の滞納がない世帯などである。

応募を検討する方は、大洗町のホームページで諸条件を確認して欲しい。

人口減少対策の切り札として採用する自治体が増加

大洗町に限らず、昨今住宅取得者に奨励金を出す自治体が増加している。福岡県の那珂川町は最大で100万円の固定資産相当額を補助する制度を導入しているほか、石川県七尾市などでも同様の補助金制度を導入している。

いずれの都市も、地元への定住を促す狙いがある。また、都市に疲れた人々の転入促進も狙っているようだ。住みやすい街を作ろうと言う政策は、実に良い政策ではないだろうか。

奨励金制度が東京一極集中解消の切り札になるだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking