島根のベタ踏み坂が大盛況!臨時の駐車場も設置!

Text by

  • 12
carmovie/youtube

carmovie/youtube

昨年12月から放送されている「ダイハツタントカスタム」のCMに登場した「ベタ踏み坂」をご存知だろうか。

タントカスタムに乗った豊川悦司が、急勾配の坂を見ながら「この坂で取材ですか?」と聞く綾野剛に対し「業界ではここをベタ踏み坂と言うんだ」と発言したあのジェットコースターのような坂である。

坂を駆け上がる綾野剛に対し、「ベタ踏みだろ?ベタ踏みだろ?」と豊川悦司が叫ぶも、綾野剛は「いいえ」と答えるのである。そして最後に「この坂の名前を変えるか」と豊川悦司がつぶやき、CMは終了する。

ロケ地は島根県松江市と鳥取県境港市を結ぶ江島大橋

放送直後から「ベタ踏み坂は実在するのか?」との問い合わせが多かったようである。一部にはCGではないかと言う声も聞かれたが、実在する橋だったのだ。

ベタ踏み坂の正体は、島根県松江市と鳥取県境港市を結ぶ江島大橋である。CMに登場した江島大橋は、松江市側のもので、勾配は6.1パーセントだ。かなりの急勾配である。

CM放送から数カ月後には、ベタ踏み坂を一目見ようと観光客が殺到。実際に自動車で登る人や、付近に車を停めて記念撮影する人が増加した。ちなみに、地元の人々はベタ踏み坂とは呼んでいないそうである。

ゴールデンウィーク対策として無料臨時駐車場を設置

思わぬ観光名所化に地元は嬉しい悲鳴をあげている。観光客が増加するのは大歓迎だが、歩道を塞いでしまったり、路上駐車してしまう人も増えており、何らかの対策を講じる必要があった。

特に混雑が予想されるゴールデンウィークを前に、安全性の確保から観光客対策を施す必要性が高まっていたのだ。

江島大橋を管理する境港管理組合は、4月25日に急遽民有地を借り、130台収容の無料臨時駐車場を設置し、20日まで開場する。さらに案内看板を設置や案内員を配置し、不慮の事故がないよう万全を期す。

思わぬ観光名所化に地元は戸惑いながらも喜びの声をあげている。皆さんはもう訪れただろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking