内定辞退の可能性のある学生をSNSからリストアップするサービス開始!

Text by

  • 14
エアリーフレッシャーズHP

エアリーフレッシャーズHP

採用担当者にとって、出した内定を辞退されるのは大きな痛手である。5月ともなれば、企業から内定を受けている学生も多い事だろう。複数社から内定を貰い、貰っていた内定を辞退した方もおられるのではないだろうか。内定をまだ取れていない学生からすれば、少々羨ましい話である。

しかし、その陰で採用担当者は泣いているのである。とは言っても学生にとっては一生に1度の事であるから、内定辞退を止めるわけにもいかないのだ。

採用担当者は内定後も優秀な人材を確保するために努力を重ねる必要がある。

SNSの利用状況から内定辞退の可能性がある学生をリストアップするサービス開始

ガイアックスは、内定者専用SNS「エアリーフレッシャーズ」のサービスを提供している。エアリーフレッシャーズは企業の採用担当者と内定者が利用する企業SNSで、入社後の心構えや課題の提出など社員教育を施せる場として人気が高い。

今回このエアリーフレッシャーズがバージョンアップされ、内定辞退の可能性が高い学生をリストアップする機能が高められた。根拠となるのは、利用状況、投稿頻度、懇親会参加状況などである。

採用・人事担当者はデータを元に辞退の可能性が高いと判断される学生に対し、重点的にフォローしていくと言う仕組みだ。

内定辞退抑止の効果が期待されている

少子化やゆるやかな景気回復で、人材不足が進んでいると言われる昨今。超氷河期のような態度では、学生は離れてしまう。エアリーフレッシャーズのようなSNSは、今後多くの企業が取り入れる事になるだろう。

しかし、SNSをどう利用するかが1番重要であり、利用すれば良いと言うわけではない。ブラック企業と呼ばれる企業が利用したとしても、それはごまかしで、早期の離職に繋がる。

また、学生がSNSの書き込みを見て企業を見放すとケースもないとは言い切れない。活かすも殺すも、やはり人間力である。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking